個々が亡くなられた年月、一般的なお葬式をあげれば全然難題がありません。

ただし、店の会長や代表、
店のために亡くなられた皆さん、店に多大なる貢献をした人様、
こうした各国のお葬式は、社葬として執りなさるのが一般的です。

それはなんででしょうか…。

社葬は、会長や代表が亡くなられた中、
次の統括らを自社や店以外の人様について紹介することができます。

新しい統括らを紹介することによって、今までと貫くつきあいをお願いすることができます。

また社葬にあなたに加入してもらうことによって、
あなたとして認めているという、明確にすることができます。

また社葬の時に、亡くなられた皆さんのやる気を再び心に刻むことにもなります。

店に多大なる貢献をした人の社葬であれば、お礼の内容を表する機会ともなります。

このように、社葬というのは、
亡くなられた方を追悼し偲ぶという大切な役割を果たすと共に、
店にとっては、アピールとなる日でもあるのです。家族だけのお葬式